iPhoneで利用できるアプリの特徴

###Site Name###
TOP > iPhoneで利用できるアプリの特徴

iPhoneとAndroidでは使えるアプリが異なることがあります。
その理由は、これらの端末はそれぞれ違った場所でダウンロードするためです。Androidはグーグル社が管理するAndroidMarketからアプリを探します。



このサイトではアプリの審査が緩いとされ、年齢制限が必要なものや詐欺あるいは個人情報を読み取るだけのアプリが混ざっていることもあります。



一方で裏技のようなアプリがあり、使い方によってはスマートフォンを便利にしてくれます。自分で安全性の高いアプリかどうかを判断できる力が重要です。

iPhoneではApple社が管理するiTunesからダウンロードします。



iTunesではアプリを厳しく審査するので、ウイルスが仕込まれたアプリの心配はありません。

全てiOSに対応するのでダウンロード後に不具合が起きることも少ないです。
そのため有料アプリも購入してしまうと返金を求めることができません。


Androidでは15分以内に返金できるので、iPhoneでは本当に必要な場合だけ有料アプリをダウンロードします。
どちらの端末も使えるアプリの数は同じくらいですが、質の高さではiPhoneが優れています。

またApple社のパソコンであるMacを使っていると、相性が良いのでアプリの管理をパソコンでも手軽にできます。

パソコンにiTunesをインストールして、音楽や写真と一緒にアプリもデータとして共有します。